公共産業用太陽光の仕組み

多種多様な土地・建物に確かな知識と技術で対応

省エネルギー、売電収益だけでなく非常用電源の確保や環境貢献、企業イメージアップなど、太陽光発電のもたらすメリットはたくさんあります。未来に積極的に貢献できる太陽光発電システムをご提案します。

public_sys_img01

proposal02

 

導入のメリット

環境貢献、企業イメージアップ、経済効果など、多くのメリットをもたらす太陽光発電システムは、建物だけでなく、遊休地などへの設置も可能です。発電した電力は施設内利用、非常用電源確保、全量売電するなど、さまざまな利用方法が選べます。

1. 電気使用料金の低減

発電した電力を施設内で使用することにより、電気代を削減します。

2. 災害時の非常用電源確保

自立運転機能付きシステムを導入すれば、災害時の停電でも、日照がある限り、発電した電力を施設内で非常用電源として利用できます。蓄電池と組み合わせれば夜間も電力使用が可能です。

3. 売電収益

再生可能なエネルギー全量買取制度を利用し、すべての発電した電力を電力会社に売電することにより、長期的に安定した収益が期待できます。

4. 屋根や土地の有効活用

工場、公共施設、学校などの屋根に太陽電池モジュールを設置すると、豊富な電力供給が期待できます。架台を使用して地面に設置することも可能なので遊休地の有効活用にも最適です。

5. 環境貢献

地球温暖化の主原因となるCO2を発電時に排出しないことから太陽光発電を利用することにより、地球環境の保全に貢献できます。

6. 買取価格・期間等

調達価格や調達期間は、各電源ごとに、事業が効率的に行われた場合、通常必要となるコストを基礎に適正な利潤などを勘案して定められます。具体的には、中立的な調達価格等算定委員会の意見を尊重し、経済産業大臣が決定します。

 

merit_image01
ページ上部へ戻る