シリコン

無限の可能性と新しい未来を創造する

化石燃料に替わる次世代の代替エネルギーとして注目される太陽光発電の多くは、結晶系シリコンを素材とする太陽電池が用いられています。この代替エネルギー普及のため、シリコンウェハー工場やデバイス工場などから排出されるリサイクル可能な結晶系シリコンを再生し、新たなエネルギー源として供給していきます。「地球環境の保護」だけでなく、「世界の省エネルギー化」に役立つことを企業目標として取り組んでおります。

シリコンリサイクル

世界各国の企業と提携し、シリコンの回収から規格検査・洗浄研磨・商品提供を一貫してとり行います。半導体及び太陽電池産業から排出されるシリコン屑は、単結晶シリコンインゴットの再引き上げ用の原材料、又は結晶系シリコンの太陽電池向け多結晶シリコンインゴットの用途が大半を占めます。それ以外の用途としてはアルミ合金向けの添加剤、封止材、鉄鋼向けの脱酸素剤として使用されます。

画像クリックで拡大表示

 

半導体シリコンウェハーの再利用

再生用ウェハー
半導体デバイスプロセスで使用済みとなったテストウェハーを回収して特殊な加工処理を施すことにより新品のテストウェハーと同等の品質に再生して再利用します。

テスト用ウェハー
テストウェハーは、製品と一緒に清掃ラインに流してモニタリングする為で、主に2種類の用途で使用されます。一つはソフト面でのチェック用に使用されるモニターウェハーともう一つはハード面(自動組立ラインの動作チェック)に使用されるダミーウェハーに分けられます。ご用途に合わせて、アズスライス、ラップド、エッチド、片面ミラー、両面ミラー等、ユーザー様の多種多様なニーズに対応します。

 

太陽電池シリコンウェハーとセルの再利用

ウェハーは大手スライスメーカーでスペックアウトとなった単結晶及び多結晶のシリコンウェハーを再選別し、グレード分けすることにより海外のソーラーセルメーカーへ納入します。セルは大手セルメーカーから排出される色ムラ、黒点、白点、産業用や街路灯、庭園灯、玩具用…などで再利用します。

 

信頼のネットワーク

mapシリコン原材料の分野において、長年に渡りユーロ圏をはじめ、北米、南米、オーストラリアや東南アジアの大手企業との取引を展開して参りました。その中でもアジア圏の著名な半導体・ソーラー向けシリコンウェハーとLED向けサファイアウェハーの製造メーカーであるSino-American Silicon Products,lnc.(SAS)と業務提携を行っており、これにより世界トップクラスで良質なシリコンウェハーの供給源を確保しております。

map_world

ページ上部へ戻る