住宅用太陽光の仕組み

太陽光発電は、暮らしを豊かにしてくれる小さな発電所

太陽電池モジュールに太陽光があたると発電します。つくられた電気は直流のため、家庭で使用できる交流にパワーコンディショナを使って変換します。パワーコンディショナから家庭の分電盤に接続し、自動的に電気を買ったり、余った電気を売ったりできるというしくみです。

house_sys_img01

太陽光発電のメリット

太陽光発電を導入すると、CO2排出量は…

Japan Solar製4.1kWシステムを使用した場合、大阪での年間予測発電量は4,755kWhで、CO2(二酸化炭素)削減量は年間で約2,400kg-CO2。これは我が国の平均的な一世帯の家庭から出される温室効果ガス排出量の約75%の削減にあたります。
石油の消費量に換算すると18L缶約60本分、スギの木にするとほぼ171本を植樹するのと同等の効果があります。
4.1kWシステムを設置した場合のシミュレーション値(設置は、4.2kWシステムを、大阪で真南傾斜角30°)年間予測発電量は、4.1kWにて計算したものです。
太陽光発電システムのCO2削減量効果は504.5g-CO2/kwhとして算出。
平均的な一世帯のCO2排出量は550g-CO2/kWh×5,315kWh/年として算出。
火力発電の石油消費量を1kWhあたり0.227Lとして算出。
スギ1本あたり年間CO2吸収量を約14kgとして算出。

img02

 

発電した電力を「使う」「売る」が、光熱費を抑えるポイントです。

img02-2太陽光発電システムの大きなメリットの1つは電気代の節約です。作った電気を使うので光熱費を減らせるだけでなく、使わずに余った電気は電力会社に売ることも可能です。このように太陽光発電は家計にうれしいシステムです。しかも、太陽光発電とオール電化を組み合わせれば、発電した電気をさらに有効に使え、環境に配慮しながら大幅な光熱費の削減が期待できます。
 
 

merit_image01

 

発電量について

img03
ページ上部へ戻る